スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣問題と日本の政治

尖閣問題が世間を騒がせて久しいのだが、
どうにもイライラすることばかりだ。

売国民主党がああいう対応をして、
中国にいい顔をしようとするのは理解できる。
しかし、保守代表自民党の総裁である谷垣氏は、
いったい何を考えているのだ。

今回のビデオ問題に関し、
街頭演説では、途中まではロシア大統領の北方領土上陸問題も含めて非難していたはずが、
途中からビデオ流出問題に話が戻り、「これは、公務員の規律としてゆゆしき問題です」と、
問題がすり替わってしまった。

自身のHPでも改めて論じていることは、
「これは大変な規律違反です」
だそうだ。
演説の原稿と違い、対外的なことはカットし、
規律違反ばかり論じている。

ポイントがずれていないか?
本来であれば、
「誰が見ても、中国船が当たりに来ているのはあきらかだ。
 今すぐに政府は中国に対して抗議と損害賠償請求をすべき」
とでも言うべき。
まるで民主党の連中が言うことと同じではないか。


あまりに不安になったので、自民党に抗議の電話をした。

対応してくれた方も
「そうなんですよ、困っちゃいます」
と、かなりうんざりした様子で答えてくれた。
私だけでなく、相当数の抗議と心配になった党員からの電話を受けているようだ。

衆院解散に備え、早く自民党は総裁選をやるべきだ。
谷垣総裁では戦えない。
日本を救うことなど、到底できない。
本当に日本は救われないことになってしまう。




スポンサーサイト

尖閣 中国の嘘報道

尖閣ビデオ流出で真実が一気に明らかになってきた。

ちなみにたまたま見つけた中国の国内向け報道の資料がコレ。
衝突の図

ビデオで見るものと全く違う。
この図だと、よなくに号が(偽装)漁船の船腹に突っ込んでいっているようだ。

こんな捏造をする国に対して、ひれ伏してしまった仙谷、そして総理。
売国政権であることは間違いない。

こういう連中に投票する人が多いなんて、
本当に情けないにもほどがある。

テーマ : 憂国
ジャンル : 政治・経済

尖閣ビデオが流出した

この問題に関して、政府・民主党は隠そうとするが、
結局はこういう形で民意が反映されることが証明された。

健忘症の仙谷官房長官はどういう対応をするだろう。

おそらくだが、
ビデオを流出させた犯人捜しを表に出し、
その裏で中国に謝るのではないだろうか。

しかし日本の国民はそんなにバカではない。

今こそこの国辱・売国内閣を解散させるチャンスだ。

というよりも、
内閣総辞職しなかったら、政治家としてどうなんだろう。
まあ、そういう常識的なことがわからないのが民主党なんだが。

ちなみに民主党に寝返った小林興起は、
「向こうが逃げまどって、当たっちゃったということだ。
 衝撃があるような当たり方じゃない。ぶつかる瞬間はカメラの位置からして見えない」
と言っていた。
ビデオが公開されないと思い込んでいたからこその洗脳用コメントだ。
まさかこういう形で公開されると思ってもみなかったのだろう。
いつの時代だって正義の心を持った人はいるのだ。
国民をあまりなめない方がいい。
小林だけでなく、他の議員たちも今後どういう言い訳をするか注目。

テーマ : 憂国
ジャンル : 政治・経済

8月15日

15日は靖国神社へ足を運んだ。

今年は日曜日ということもあり、
とても多くの人が参拝に来ていた。

民主党政権下で閣僚が誰一人参拝しないという異例の事態に、
危機感を感じた多くの国民が足を運んだのだろう。
まるで初詣の時と同じくらいの行列ができていた。

しかし、わが国の礎を築いた人々に感謝することのどこが悪いのだろう?

総理が、あまりにも不勉強な上で発表した談話に不快感を持たない日本人とは何なんだろう?

A級戦犯云々と言う人々は、A級、B級、C級の意味を解って言っているのだろうか?

靖国の遊就館を「右寄りで、戦争を美化している」等と言う人は、いったい何国人なんだろう?


もっともっと日本についていろいろと考えてもらいたい。

テーマ : これでいいのか日本
ジャンル : 政治・経済

日の丸

連休中、自宅に警察官が来た。

私が悪いことをしたわけではなく、
住居人の変動があったかどうかの確認のためだ。

確認が済んだ後に雑談をしていたら、
『しかし素晴らしいですね』
と突然言い出す警察官氏。
いったい何がと思ったら、
『日の丸ですよ日の丸、
 私らは署や交番に掲げてますけど、
 個人で掲げてるとは本当に素晴らしい』
と熱く語る。そして
『私らはまず日本人であることに誇りを持たないといけない』
と続けたのだ。

確かに最近は日の丸を掲げる民家は少ないが、
もっと国旗を大切にしたいと改めて考えさせられた。
また、日の丸に誇りを持っている警察官に会えたことが何よりも嬉しかった。
プロフィール

奥村勇気

Author:奥村勇気
パチンコ・パチスロ雑誌でライター・デビューを飾る。ルポや、インタビューなどを得意とする。無記名記事や経済書のリライトも手がけている。音楽関係では、スペル・デルフィンの歌った「ONE WAY TO THE WORLD」の作詞や、『みちのくプロレス大全集』、『みちのくWalker』などでサウンド・プロデュースも手がける。最近は、あの国民的時代劇のOPのディレクションも。主にサブカル系を中心に暗躍中。


お仕事のご依頼等は、お気軽にご連絡下さい。
chime@mail.goo.ne.jp



blogram投票ボタン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。