スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽器いじり

真夏にベースをいじって以来、

楽器のリペアというかレストアに興味が尽きない。

いまさらながら、エレクトリックギター&ベースの仕組みを知るのが楽しくて仕方がない。

しかも“作る”よりも“直す”とか“改造する”方に興味があるのだから、

学生時代から変わっていないなと自分で再認識。



レコーディングエンジニアを志していたはずなのに、

いつの間にかビデオ機器の回路に興味を持ってビデオデッキを分解したり、

部品を交換してみたりと、いろいろとモノを破壊するように(笑)。

で、いつの間にかエンジニアではなく、

エンジニアに無理難題を押し付けるディレクター兼プロデューサーになってしまったのだから、

人生は面白い。



最近、ライブハイスを覗いていると、

プレイや楽曲はもとより、楽器や機材の扱い方を見ている。

今までお付き合いしてきた大物アーティストは、

必ずと言っていいほど楽器&機材を大切にしている。

だから若いアーティストでも、そのあたりがきちんとしていると、

とても嬉しいし、応援したくなる。



楽器は生き物だから、

その楽器と出会えたことを大切にしてもらいたい。
スポンサーサイト

ギャルバン

いつも仕事を一緒にしている制作会社のY氏と、
ライブハウスに足を運んできた。
目的は新人バンド発掘のため。

ちょうどギャルバンのイベントが開催されていたので、
5つのバンド(ユニット)を観ることができた。

感想は、「楽しかった」に尽きる。

それぞれのバンドやプレイヤーの個性が見れて、
いろいろと参考になった。

以前面倒を見ていた某バンドと対バン経験ありのバンドも出ており、
仕事抜きで気に入っているバンドなので、
半年ぶりに見たら、かなり上手になっていたのでうれしかった。

しかし本当に女性アーティストのレベルが上がってきている。
あとはどうやって私たちがそれをビジネスに結び付けられるかということ。
もっともっといろいろなバンドを見て、
我々ならではの活動の場を提供できるようにしなければ。

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

メンバー離脱

以前、関わりのあったバンドのリーダーから久々に電話。


「ドラムがやめることになりました」


ちょっと意外だった。

電話でいろいろと状況を尋いてみた。

まあ仕方ないかとは思ったが、
一番残念だったのは、音楽的な理由ではなかったこと。

やっぱりバンドや劇団など、
みんなで組んでやるものには、
共通の目標が大切だと再認識した。

テーマ : ロック
ジャンル : 音楽

ヤバイ、楽しすぎる

縁あって、ベースを借りた。
しかも1975年製のフェンダー・プレベ。

ただし、10年以上押入れで眠っていたものだそうで、
まったく手入れなどされていないもの。

我が家に連れて帰り、まずは弦を張り替えようと思ったのだが、
楽器を手にして各パーツを見てみると、かなりよろしくない状態なのだ。

とりあえずは弦を外し、改めて各パーツをチェック。

うん、やはりよろしくない状態のようだ。


というわけで、まずはブリッジを解体し、
パーツを分解してみようとするのだが、
サビがひどく、ネジをまわすこともままならない。

というわけで、いろいろと工具や液体系のものを家中から集め、作業再開。
途中で過去にお世話になったアーティスト氏に電話でアドバイスをいただきつつ、
なんとか作業を進めてみる。

現在もかなり悪戦苦闘中なのだが、
これがかなり面白い。

このまま弾けなくてもいいくらい楽しい。

もともと楽器をいじったりするのがプレイするよりも好きなので、これはかなりヤバイ。

パーツがちょっと光るようになったり、
ボディがすべすべになったりするだけでなんとも言えない楽しさなのだ。

いったいいつになったら弾けるのかわからないが、
とりあえず、ここ数日、充実した時間を過ごせている。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ヴィンテージの薫り

数年前に組んだアーティストのライブへ顔を出してきた。

時価数千万円のギターが奏でる音は、
言葉では表現できないほどの素晴らしさだ。

今の楽器を否定する気はないが、
この音に触れてしまうともう戻れない。

この日は、テレキャスターに驚いた。
もちろんエクスプローラーやレスポールも素晴らしかった。

無理に表現すると陳腐になってしまうので、
あえてこれまでにとどめておこう。
プロフィール

Author:奥村勇気
パチンコ・パチスロ雑誌でライター・デビューを飾る。ルポや、インタビューなどを得意とする。無記名記事や経済書のリライトも手がけている。音楽関係では、スペル・デルフィンの歌った「ONE WAY TO THE WORLD」の作詞や、『みちのくプロレス大全集』、『みちのくWalker』などでサウンド・プロデュースも手がける。最近は、あの国民的時代劇のOPのディレクションも。主にサブカル系を中心に暗躍中。


お仕事のご依頼等は、お気軽にご連絡下さい。
chime@mail.goo.ne.jp



blogram投票ボタン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。