スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デルフィン

デルフィンの試合終了後、テーマ曲に関する中身の濃い打ち合わせをおこなった。

今回大切にしているのは「沖縄らしさ」というポイント。
沖縄音階や沖縄の楽器の要素が生かされた候補楽曲がたくさん揃ったので、
明日沖縄に持ち帰ってもらい、全選手で試聴会を開いてもらうことに。

どんな曲が選ばれるのか、結果が楽しみだ。


そういえば、今日のみちのくプロレスは、15周年記念大会。
ということはみちのくプロレスとの付き合いも15年ということになる。
入場式で、ゆかりの選手が大勢リングに上がっているのを見て、旗揚げの頃を思い出してこみ上げてくるものがあった。

ちなみに私の作詞家デビューは、みちのくプロレスのCDに収録された「one way to the world」というデルフィンの歌った曲。
かなり難しい曲に挑戦してくれたデルフィンに感謝。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

奥村勇気

Author:奥村勇気
パチンコ・パチスロ雑誌でライター・デビューを飾る。ルポや、インタビューなどを得意とする。無記名記事や経済書のリライトも手がけている。音楽関係では、スペル・デルフィンの歌った「ONE WAY TO THE WORLD」の作詞や、『みちのくプロレス大全集』、『みちのくWalker』などでサウンド・プロデュースも手がける。最近は、あの国民的時代劇のOPのディレクションも。主にサブカル系を中心に暗躍中。


お仕事のご依頼等は、お気軽にご連絡下さい。
chime@mail.goo.ne.jp



blogram投票ボタン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。