スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「靖国問題は頭の中から消し去ってほしい」って、何を考えているのだろう?

今朝の産経新聞を手にした瞬間、思わず二度見をしてしまった。
あまりの売国奴発言に、本気で怒りを覚えた。
その記事を下に引用する。

 鳩山由紀夫首相が10月10日、北京で行われた中国の温家宝首相との会談で、日中が共同開発で合意している東シナ海の「白樺(しらかば)(中国名・春暁(しゅんぎょう))」ガス田について、条約締結交渉などの日中協議の先送りを容認したととられる発言をしていたことが31日、政府筋の話で分かった。また、同じ会談で鳩山首相が、靖国神社参拝問題について中国側に「頭の中から消し去ってほしい」と述べ、自身も鳩山内閣の閣僚も一切参拝しないことを重ねて強調していたことも判明した。
 会談には岡田克也外相、直嶋正行経済産業相、松野頼久官房副長官ら、中国側は楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)外相が同席した。

発言の内容もあきれるが、
同席しているメンバーに、天皇へ注文をつけた岡田外相も含まれているのもポイントだ。

要するに鳩山&岡田は、
天皇を含む日本をすべて否定し、
中国の言うとおりに日本を変えてしまいたいのだろう。


外国人参政権や、夫婦別姓、対中問題など、
すべて国益を損ねる方向に持っていっているようにしか感じられない。
しかもこれらは、すべてマニフェストには掲載していないというものばかり。

我々国民は、気づいていない国民に、
一日も早く気づいてもらえるよう努力しなければならない。

それと、本当に嫌で仕方ないのは、
これらの国辱行為や発言に対して、
大手マスコミが全く報道をしない
ことに疑念を抱く。

毎日毎日、本当にイライラし、
とても不安なことばかりが募ってくる。
スポンサーサイト

テーマ : 憂国
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

奥村勇気

Author:奥村勇気
パチンコ・パチスロ雑誌でライター・デビューを飾る。ルポや、インタビューなどを得意とする。無記名記事や経済書のリライトも手がけている。音楽関係では、スペル・デルフィンの歌った「ONE WAY TO THE WORLD」の作詞や、『みちのくプロレス大全集』、『みちのくWalker』などでサウンド・プロデュースも手がける。最近は、あの国民的時代劇のOPのディレクションも。主にサブカル系を中心に暗躍中。


お仕事のご依頼等は、お気軽にご連絡下さい。
chime@mail.goo.ne.jp



blogram投票ボタン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。