スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テッドさんの追悼曲に…

今日はみちのくプロレスの東京大会。
サスケの20周年イヤー突入ということもあり、会場へ足を運んだ。

試合に先立ち、先日逝去したテッド・タナベ氏と三沢氏の追悼セレモニー。
BGMに使われたのは、私がプロデュースした「ロング・ロード」だった。
リング上でサスケがテッドさんの遺影を持ち、曲が流れている中、
サスケと曲の打ち合わせをした時のことを思い出した。
彼からリクエストされたのは、

「思いっきり悲しくて、でも聴いているとホットになれる曲にしてください」

これはどういうことかというと、
みちのくプロレスを観に来てくれたお客さんが、
全試合が終わって帰る時に「もっと観たかったな」と寂しくなり、
そして「すごく楽しかったから、また来よう」と、次回を楽しみに思えるという意味。

頑張って柴田氏とスタジオで曲を完成させ、
会場で使われるようになって久しいが、
まさか知人の追悼に使われるとは夢にも思っていなかった。
さらに、あまりにもピッタリと合っていたことにも驚いた。

テッドさん、会場の上で聴いてくれましたか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

奥村勇気

Author:奥村勇気
パチンコ・パチスロ雑誌でライター・デビューを飾る。ルポや、インタビューなどを得意とする。無記名記事や経済書のリライトも手がけている。音楽関係では、スペル・デルフィンの歌った「ONE WAY TO THE WORLD」の作詞や、『みちのくプロレス大全集』、『みちのくWalker』などでサウンド・プロデュースも手がける。最近は、あの国民的時代劇のOPのディレクションも。主にサブカル系を中心に暗躍中。


お仕事のご依頼等は、お気軽にご連絡下さい。
chime@mail.goo.ne.jp



blogram投票ボタン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。