スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣ビデオが流出した

この問題に関して、政府・民主党は隠そうとするが、
結局はこういう形で民意が反映されることが証明された。

健忘症の仙谷官房長官はどういう対応をするだろう。

おそらくだが、
ビデオを流出させた犯人捜しを表に出し、
その裏で中国に謝るのではないだろうか。

しかし日本の国民はそんなにバカではない。

今こそこの国辱・売国内閣を解散させるチャンスだ。

というよりも、
内閣総辞職しなかったら、政治家としてどうなんだろう。
まあ、そういう常識的なことがわからないのが民主党なんだが。

ちなみに民主党に寝返った小林興起は、
「向こうが逃げまどって、当たっちゃったということだ。
 衝撃があるような当たり方じゃない。ぶつかる瞬間はカメラの位置からして見えない」
と言っていた。
ビデオが公開されないと思い込んでいたからこその洗脳用コメントだ。
まさかこういう形で公開されると思ってもみなかったのだろう。
いつの時代だって正義の心を持った人はいるのだ。
国民をあまりなめない方がいい。
小林だけでなく、他の議員たちも今後どういう言い訳をするか注目。
スポンサーサイト

テーマ : 憂国
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

船長というか突撃隊長を返しちゃって「捜査の資料が・・」なんてちゃんちゃら可笑しいですよね。
プロフィール

奥村勇気

Author:奥村勇気
パチンコ・パチスロ雑誌でライター・デビューを飾る。ルポや、インタビューなどを得意とする。無記名記事や経済書のリライトも手がけている。音楽関係では、スペル・デルフィンの歌った「ONE WAY TO THE WORLD」の作詞や、『みちのくプロレス大全集』、『みちのくWalker』などでサウンド・プロデュースも手がける。最近は、あの国民的時代劇のOPのディレクションも。主にサブカル系を中心に暗躍中。


お仕事のご依頼等は、お気軽にご連絡下さい。
chime@mail.goo.ne.jp



blogram投票ボタン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。