スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野オリンピックの痕跡

長野探訪の続き

灯明まつりの時間以外に街をぶらぶらしてみたところ、
名産品を扱う店舗や地元の商店街ともあまり活気が感じされなかった。
寒い季節だから、あまり外を出歩かないからかもしれないが…。

そういえばオリンピックが10年ちょっと前に開催されたんだよな~
と思いながら辺りを見渡してみても何も見あたらない。
灯明祭りの看板の中に、2016年の東京オリンピック誘致の文言がある程度なのだ。

と思っていたら、こんな場所を発見

パッと見は、時間貸しの駐車場なのだが、奥の方にあるものをよく見ると…

そう、表彰式会場なのだ!

どうせ残すのであれば、もうちょっとなんとかならなかったのだろうか?
それとも、これも長野らしさか?

ちなみに灯明まつりの写真も。


↑ 幻想的な本堂。


そしてこれはちょっと気になったところ


↑ 参道の六地蔵

バックに月もあり、とても美しいはずなのだが、なぜか白色灯で照らすのみ。
地元の女の子たちが、

「これはないよね~」

と言いながら困った顔をしていたのが印象的だった。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

奥村勇気

Author:奥村勇気
パチンコ・パチスロ雑誌でライター・デビューを飾る。ルポや、インタビューなどを得意とする。無記名記事や経済書のリライトも手がけている。音楽関係では、スペル・デルフィンの歌った「ONE WAY TO THE WORLD」の作詞や、『みちのくプロレス大全集』、『みちのくWalker』などでサウンド・プロデュースも手がける。最近は、あの国民的時代劇のOPのディレクションも。主にサブカル系を中心に暗躍中。


お仕事のご依頼等は、お気軽にご連絡下さい。
chime@mail.goo.ne.jp



blogram投票ボタン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。